グループウェアを導入する利点

グループウェアとは、社内の情報を共有化して業務を効率化するためのソフトウェアのことです。
ホワイトボードや付箋紙での伝言と違い、携帯電話やタブレット端末から簡単にアクセスできるため、社員間のコミュニケーションがスピーディーになるというメリットもあります。

お手軽にOKWaveの情報をまとめました。

グループウェアは、スケジュール管理や掲示板、アドレス帳やメール機能、ワークフローなどといった多様な機能が組み込まれていて、円滑に仕事を進めるサポートをしてくれます。

グループウェアの導入すると、業務を効率的に進めることができます。

会議室や社用車など設備、備品を管理する機能を使えば、バッティングして時間を浪費するなどといったことをなくすことが可能です。


社員の居場所情報を共有しておけば、お客様から電話がかかってきた時に、担当者が見当たらず困るというようなこともなくなります。



また、伝言を共有しておくことで、伝言がうまく伝わらない、伝言が届くのが遅くなりすぎて業務に支障をきたす、などという事態も解消できます。グループウェアは、仕事のスピードアップにも役立ちます。

紙の書類で決済しようとすると、承認者を探す手間がかかります。また、最終決定権が本社にある場合など、書類を郵送する手間もかかっていまします。


グループウェアで稟議書などを電子化しておけば、すばやくスムーズに決済をおこなうことが可能になります。

電子書類ならば、必要に応じて閲覧に制限を加えることもできます。

会社のコンプライアンスを強化する上でもメリットがあります。