グループウェアで業務効率化

グループウェアとは、組織などで情報を共有したり、メールのやり取りをしたりできるソフトウェアのことです。

スムーズに情報を共有化し、共同作業などもできることから、ある程度の規模の会社では大半が導入しています。ソーシャルネットワークサービスのビジネス色を強くしたもの、と考えると良いでしょう。
規模が大きい組織では、情報の伝達やロケーションが異なる部署での共同作業をいかにスムーズに行うかが業務効率化の鍵を握ります。


グループウェアがあれば、効率良く作業を進めることができると共に、情報の伝達が遅れることによるトラブル、二度手間がなくなります。

魅力の高いマイナビニュースといえばこちらです。

コミュニケーションツールとしても使え、組織の活性化にもつながります。製品によって備えている機能は異なりますが、主に企業が業務を効率化することを目的につくられているため、基本的な機能は備わっています。



基本的な機能とはメールやスケジュール管理機能などですが、年々グループウェアは進化しており、そのほかにもいろいろな機能がプラスされた製品が出ています。



また導入の方法は自社サーバーでの管理、クラウド上での管理、レンタルなど様々です。

初めての導入ではセキュリティ面やコスト面などを考慮して慎重に選ぶのがよろしいでしょう。自社サーバーにソフトを直接導入する方法は、オンプレス型と呼ばれています。
情報漏えいのリスクが少ないのがメリットです。
それに対し、インターネット上で利用するのをクラウド型、インターネット上でレンタルするものをASP型と呼んでいます。